このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24410
file
creator
Ebata, Yoshio
NDC
Japanese
abstract
従来は方言を標準語や共通語と対比させることによって、それを改めさせ、優位な全国共通語へと指導することが教育現場での疑われざる立場とされてきた。誰もこのことに異議を申し立てなかった。しかし、本稿で私は従来とは全く異なる思想を述べる。即ち、それは、方言を人格語として考えるべきだという考え方である。
journal title
国語教育研究
issue
Issue 39
start page
12
end page
22
date of issued
1996-03-31
publisher
広島大学教育学部光葉会
issn
0287-3354
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧