このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49196
file
title alternative
Seminar Report on the Constitutional Law and Cases
creator
Yokodaido, Satoshi
description
2019年7月6日(土),広島大学大学院法務研究科では,授業科目「公法実務基礎」の公開講義(担当:大島義則客員准教授,伊藤建客員准教授)を開催するのと同時に,外部講師を招いた講演会を実施した。今年度は慶應義塾大学大学院法務研究科の横大道聡教授をお迎えし,「憲法判例の射程を知る」とするタイトルのもとご講演をいただいた。
本講演録は,その模様について誌上採録をしたものである。また,ご講演後のディスカッションの様子もあわせて掲載している。ディスカッションには,公法実務基礎の公開講義をご担当のお二人の先生にも参加いただいている。掲載にあたっては,加筆・修正を加え,読みやすい体裁に整えている。
journal title
Hiroshima Law Review
issue
Issue 16
start page
185
end page
222
date of issued
2020-03-20
publisher
広島大学法学会
issn
1880-1897
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
許可なく複製・転載することを禁じる
department
Hiroshima University Law School
他の一覧