このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47675
file
title alternative
大涅槃経におけるdhammanvayaの概念
creator
Thero, Ven Randombe Suneetha
abstract
大涅槃経(Mahāparinibbānasutta)1.16–18 においてサーリプッタは、自身が諸仏(阿羅漢)の正等覚に対して絶対的信を抱く根拠はdhammanvaya の理解に基づいていると語る。大涅槃経においてdhammanvaya (=A) という語は、二つの要素(dhamma)の間の論理的関係(anvaya)を表す。すなわち、「阿羅漢であること」と「適切な手段によって正等覚を得た者であること」の間の論理的関係である。一方、法尊重経(Dhammacetiyasutta)においてdhammanvaya (=B) は、「比丘の完全かつ純粋な梵行の実践」と「世尊が有する美質」との間の論理的関係を知る推理知を表す。さらに、大獅子吼経(Mahāsīhanādasutta)においてdhammanvaya (=C) は、「世尊」と「彼の美質」の間の論理的関係を知る推理知を表す。ブッダゴーサ(Buddhaghosa)はdhammanvayaB を、比丘による完全かつ純粋な梵行の実践の直接知覚(dhamma = paccekkhañāṇa)の後に起こる推理知(anvaya = anumāna)という意味で解釈し、dhammanvaya C を、世尊が有する一切智(sabbaññutañāṇa)などの美質(dhamma)について知る認識(anveti = jānāti = anubujjhati)という意味で解釈する。これらのことから、dhammanvaya という語は二つの要素の間の論理的関係、またはその論理的関係を知る推理知を指すこと、さらに、ブッダゴーサによれば美質について知る認識を意味し得ることが明らかとなる。
description
広島大学比較論理学プロジェクト研究センター研究成果報告書(2018年度)
journal title
The Annals of the Research Project Center for the Comparative Study of Logic
issue
Issue 16
start page
111
end page
121
date of issued
2019-03-25
publisher
広島大学比較論理学プロジェクト研究センター
issn
1880-6376
ncid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Letters
他の一覧