このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40178
file
title alternative
パプアニューギニアで食用とされるミナミスナホリガニHippa adactylaの分子的同定
creator
Tanaka, Hayato
subject
Anomura
fishery
Hippa adactyla
mole crab
16S
18S
異尾下目
スナホリガニ科
食用
ミナミスナホリガニ
18S
ミトコンドリア16S
NDC
Zoology
abstract
パプアニューギニアのラバウル近郊で現地人により採取されたスナホリガニの一種ミナミスナホリガニHippa adactyla Fabricius, 1787について,核18S及びミトコンドリア16SリボソームRNA遺伝子配列を解析し,近縁種間及び同種内の関係について分子的に比較した。その結果,インド-太平洋域に広く分布するとされる本種において,パプアニューギニア産個体はインド洋産個体と分子的に異なる一方,台湾産個体とは極めて近い関係にあることが示された。あわせて,本種を「グムグム(Gum Gum)」と呼んで食用とする現地の習慣を,他の地域の食習慣とともに紹介した。本稿は,南太平洋域のスナホリガニ類の分子的情報と,同域での食用採取について,初めて報告するものである。
abstract
A specimen of Hippa adactyla Fabricius, 1787, was collected from Blanche Bay, Papua New Guinea. Nuclear 18S and mitochondrial 16S ribosomal RNA gene sequences were examined for interspecies and intraspecies comparisons. The result suggests some genetic similarity and diversification of this species distributed widely in the Indo-Pacific. We also report a local culture of eating the animal under the name “Gum Gum”. This is a pioneering report on the genetic perspective and fishing of a mole crab in southwest Pacific.
journal title
Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University
volume
Volume 54
start page
21
end page
28
date of issued
2015-12-25
publisher
広島大学大学院生物圏科学研究科
issn
1348-1371
ncid
naid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biosphere Science
他の一覧