このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29213
file
title alternative
A study on the acceptance process of the crisis with their parents' death in adolescence.
creator
Yamamoto, Satoko
subject
青年期
親子関係
親の「死」の危機
外傷後成長
NDC
Psychology
abstract
本研究では, 青年期の親子関係の視点から, 親の死に関わる危機を体験した青年の危機の捉え方の過程と, その特徴について明らかにすることを目的とした。研究Iでは質問紙調査により, 親の「死」に関わる危機を体験した青年と, 体験していない青年を比較し, その特徴を検討するため分散分析を行った結果, 外傷後成長尺度(Taku, et al., 2007)において, 親との死別群, 親の死に関わる状況体験群が, 親の離婚・著しい不和体験群よりも有意に得点が高いことが示された。研究IIでは, 親との死別, 死に関わる状況を体験した青年に, その体験の捉え方について面接を行った結果, 死別において「衝撃」「不安」「否認」「受けとめ」「回避」「情緒的混乱」「小休止」「模索」「納得」「内省」の10個のカテゴリに集約された。これらの状態を行きつ戻りつしながら, 危機を客観的に捉え, そして前向きな変化や危機体験からの影響を示す外傷後成長が表れることが明らかとなった。また死別「納得」後も, 時間の経過とともに「納得」の内容が変化し, 長期間「模索」し続けることが示唆された。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 9
start page
229
end page
245
date of issued
2010-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧