このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29199
file
HPR_9_53.pdf 2.87 MB
title alternative
Specification of the required information for the effective AIDS persuasion and clarification of its influencing mechanism (3) : Influence processes of AIDS information on the integrative attitudes toward person with HIV/AIDS
creator
Takamoto, Yukiko
subject
エイズ情報
HIV感染者・エイズ患者
共生行動生起過程モデル
PWH/Aへの共生態度
NDC
Psychology
abstract
本研究の目的は, PWH/A(HIV感染者・エイズ患者の総称)との共生行動生起過程モデルに基づき, 対象者がこれまでに接してきたエイズ情報がPWH/Aに対する共生態度へ及ぼす一連の影響過程を明らかにすることであった。大学生403名を対象に質問紙調査を実施した。その結果, 最終変数をPWH/Aとの共生行動意図に設定して同モデルの検証を行った高本・深田(2010)では, 共感感情が認知変数へ影響を及ぼし, その認知変数が共生行動意図へ影響を及ぼしていたのに対し, PWH/Aへの共生態度を最終変数とした本研究では共感感情から共生態度へ直接的な強い影響がみられた。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 9
start page
53
end page
59
date of issued
2010-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧