このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31317
file
title alternative
Mother-daughter relationships perceived by daughter in late adolescence
creator
Fujita, Mina
subject
青年期
母娘関係
父母関係
NDC
Psychology
abstract
本研究では青年期後期の母娘関係と父母関係との関連及び青年期後期における母娘関係のタイプを検討することを目的とした。研究1では質問紙調査を行い数量的に検討し, 研究2では半構造化面接を行い研究1で見出されたクラスタの特徴を発達的に検討した。その結果, ①母娘関係と父母関係に関連が見られ, 娘が父母の関係を良好と認知しているほど娘は母親に対し肯定的感情を抱いていることが明らかになり, ②母娘関係のタイプとして従属群, 希薄群, 依存群, 離反群の4群が見出された。従属群では高校卒業後に受動的な関わりが見られた。希薄群は全ての時期で相互交流が乏しかった。依存群は幼児期より母親への肯定的感情が強く, 小学校から高校卒業以降に継続して受動的関わりが見られた。離反群は幼児期より母親への否定的感情が強く母親への依存が見られなかった。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 10
start page
201
end page
216
date of issued
2011-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧