このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31305
file
title alternative
The determinants and effects of internet social capital
creator
Yamasaki, Shoichiro
Imura, Tomoya
Tsukawaki, Ryota
subject
インターネット
社会関係資本
コミュニティサイズ
コミュニケーション時間
精神的健康
NDC
Psychology
abstract
インターネット利用に関する心理学的研究において, 社会関係資本の概念を用いた研究が注目を集めている。本研究では, (a)インターネット社会関係資本の醸成に, コミュニティサイズの認知及びコミュニケーション時間が及ぼす影響と, (b)インターネット社会関係資本が精神的健康(抑うつ, 幸福感)に及ぼす効果を検討することで, インターネット社会関係資本にかかわる一連の過程を検討した。本研究の結果, インターネット上のコミュニティサイズがインターネット結合型および橋渡し型の社会関係資本を醸成し, インターネット橋渡し型社会関係資本が個人の抑うつを増加させる傾向があるということが分かった。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 10
start page
53
end page
59
date of issued
2011-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧