このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31304
file
title alternative
The likelihood of compliance-gaining strategies : Time-series combination of compliance-gaining strategy
creator
Imura, Tomoya
Hirabayashi, Natsuko
Higuchi, Masataka
subject
承諾獲得方略
承諾獲得方策
1回目の要請
2回目の要請
使用可能性
NDC
Psychology
abstract
本研究の目的は, 他者に要請する状況で, 人がどのように承諾獲得方策を時系列的に組み合わせて使用するかを明らかにすることである。承諾獲得方策の時系列的組み合わせを承諾獲得方略とする。調査の結果, 3種類の承諾獲得方策(個人評価, 丁重, 他者利用)は, 1回目の要請よりも相手から断られた後の2回目の要請時に使用される可能性が高かった。反対に, 強硬方策は, 2回目の要請よりも1回目の要請時に使用される可能性が高かった。また, 承諾獲得方策の時系列的組み合わせに関して65.8%の人が, 1回目の要請と2回目の要請で異なる方策を使用することが分かった。そして, 1回目の要請時には様々な方策が使用されていても, 2回目の要請では, 91.5%の人が丁重方策や他者利用方策を使用することが分かった。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 10
start page
47
end page
52
date of issued
2011-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧