このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 51959
file
title alternative
日本国立大学における英語のスピーキングスキル教育への反転学習の活用
creator
abstract
新型コロナウイルス感染症の影響により,オンライン授業や教育用コンテンツ利用の重要性が高まっている。本稿では日本の国立大学で日本人学生を対象に英語のスピーキングスキルを指導するために,学習管理システム(LMS)とビデオ会議を組み合わせた情報通信技術型の反転授業の計画,実施,成果について考察し,反転授業導入による学習効果を検証した。本研究では,学期中間と学期末にアンケートを実施した。アンケートには, 4 段階の回答からなるリッカート型の尺度と自由形式記入欄,及び担当講師の評価を含めた。
調査では,定量データと定性データを組み合わせ,LMS とビデオ会議を用いた反転授業が,オンライン学習環境における学生のスピーキングスキルにどのような影響を与えたかを明らかにした。その結果,タスクやビデオを用いたLMS 学習は,グループディスカッションの活性化に有効であることがわかった。したがって,これらの教材が,学生の社会的交流を支援するものでもあり,反転授業の手法に適していることもわかった。また,反転授業の最大のメリットは,ビデオ会議を利用することで,受講者のモチベーションを高め,ディスカッションの機会が増えたことであった。反転授業は今後のハイブリッド授業に有用である可能性を示唆した。
abstract
Due to the COVID-19 pandemic, the use of technology for delivering classes and content has become increasingly important. This article discusses the planning, implementation, and outcomes of technology-supported flipped learning with a combination of a learning management system (LMS) and videoconferencing for teaching English speaking skills to Japanese students at a national university in Japan. The aim was to examine the effect of the flipped approach on students’ learning experiences. In the study, two questionnaires were administered to obtain feedback from students at two points in time: after eight weeks and after 16 weeks. The questionnaire contained both items using a 4-point Likert scale and open-ended items. In addition, the instructors of the course reflected on the outcomes.
Data analysis combined quantitative and qualitative methods to reveal how the flipped approach with an LMS and videoconferencing supported students’ speaking skills in an online learning environment. The findings suggest that learning on an LMS with tasks and videos provides students with a useful source of ideas for discussions; therefore, these materials worked well for the flipped approach, since they supported students’ social interaction. Videoconferencing facilitated peer motivation and enabled more opportunities for discussion, which was the main advantage of the flipped approach. The article concludes by exploring the possibilities for flipped learning in future hybrid classes.
journal title
Hiroshima Studies in Language and Language Education
issue
Issue 25
start page
29
end page
44
date of issued
2022-03-01
publisher
広島大学外国語教育研究センター
issn
1347-0892
ncid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2022 広島大学外国語教育研究センター
department
Institute for Foreign Language Research and Education
他の一覧