このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36837
file
title alternative
ライティングの流暢さに対するトピック選択統制の影響に関する調査
creator
Sponseller, Aaron C.
Wilkins, Michael
NDC
Education
abstract
本研究は,L2ドイツ語ライティングの流暢さを調査したJoshua Bonzo(2008)の部分的な追従研究である。Bonzoと本研究は,学習者がより多く書くのはトピックを指導者が与えた場合であるか,学習者自身が選んだ場合であるかを調査したという点で共通している。調査では日本人大学生75名を4つのクラスに分け,10分間の自由英作文への取り組みを全6回実施した。さらに,学習者は,トピック選択の好みに関する事後調査に回答した。全体的な結果は,学習者自身がトピックを選択した場合により多く書く傾向にあるというBonzoの結果を支持するものであった。
abstract
This study is a partial replication of Joshua Bonzo’s (2008) study on a group of second language learner’s writing fluency in German. Both studies examine whether students write more if their instructor assigns them a topic or if they choose their own topic. 75 Japanese university students in four classes participated in six 10-minute freewriting sessions, three with teacher assigned topics and three with student chosen topics. In addition, students completed a post-study survey on their topic selection preferences. The overall results confirmed the Bonzo findings that students tend to write more when they choose their own topics.
journal title
Hiroshima Studies in Language and Language Education
issue
Issue 18
start page
141
end page
152
date of issued
2015-03-01
publisher
広島大学外国語教育研究センター
issn
1347-0892
ncid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2015 広島大学外国語教育研究センター
department
Institute for Foreign Language Research and Education
他の一覧