このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24696
file
Thumnail 53-2429.pdf 1.35 MB
title alternative
東シナ海の1980年5月における小型および微細植物プランクトン態炭素の粒状態有機炭素に占める割合
creator
subject
chlorophyll
carbon
East China Sea
phytoplankton
nutrient
upwelling
NDC
Zoology
abstract
東シナ海において1980年5月に、小型(>10μm)および微細(<10μm)植物プランクトンのバイオマスをクロロフィルaおよび細胞数として測定した。同時に粒状態有機炭素を測定した。小型植物プランクトンの細胞容積を幾何学的形状に当てはめて求め、変換式を用いて細胞当たり炭素量を算出した。微細植物プランクトンの炭素量は小型植物プランクトンの炭素:クロロフィルa比を用いて見積もった。有光層内の全植物プランクトン態炭素は貧栄養な黒潮水中で<6.6%と低く、九州に近い沿岸水中でも<40%であった。全植物プランクトン態炭素に占める小型植物プランクトンおよび微細植物プランクトンの炭素量は海域間の違いが非常に明瞭であった。すなわち、黒潮水中で微細植物プランクトン態の炭素が>90%を占めるのに対しで、沿岸水中では小型植物プランクトン態の炭素が>90%を占めた。小型植物プランクトンの炭素:クロロフィルa比が41以下と全体的に低いことから、現場の光合成活性が高いことが想像された。この高い光合成活性を維持している栄養塩の供給機構についても議論した。
abstract
In May, 1980, micro- (>10 μm) and nanophytoplankton (<10 μm) biomass in the East China Sea were measured in terms of chlorophyll a concentration and cell number. Analysis of particulate organic carbon was also done. Microplankton cell volume was estimated by approximated assignment of cell shape to the geometrical configuration, and cellular carbon content was estimated using conversion equations. Nanoplankton cell carbon was estimated using the microplankton C:chlorophyll a ratio. Total phytoplankton (microplankton + nanoplankton) cell carbon in the euphotic layer accounted for <6.6 % of particulate organic carbon in the oligotrophic Kuroshio water, and <40 % even in the coastal water near Kyushu. The contribution of micro- and nanoplankton carbon to total phytoplankton carbon showed the areal difference; >90 % of the total consisted of microplankton in the coastal water, while >90 % consisted of nanoplankton in the offshore Kuroshio water. Low values of microplankton C:chlorophyll a ratio suggested high photosynthetic activity. Possible mechanisms of local nutrient supply maintaining the high photosynthetic activity of phytoplankton in the East China Sea were also discussed.
journal title
Journal of the Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University
volume
Volume 34
issue
Issue 2
start page
147
end page
160
date of issued
1995-12
publisher
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
issn
1341-691X
ncid
SelfDOI
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biosphere Science
他の一覧