このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32740
file
creator
NDC
Education
abstract
トピックを与え,生徒たちに1分間英語で話させる活動を通じて,スピーキング能力を高められる。指導法の工夫次第で,生徒は発話の正確さを意識するようにもなる。段階的に負荷をかけ,目標をクリアしていく感覚を持たせると,その効果は高まるようだ。生徒にとって,与えられたトピックに内容を思いつかない場合があるのが最大の困難だが,この実践では,様々な工夫により,一定期間,動機付けを高めながら,学習を継続できた。流ちょうさを高めるために,中心的な活動に据えることができる。
journal title
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
volume
Volume 51
start page
247
end page
252
date of issued
2011-03
publisher
広島大学附属福山中・高等学校
issn
0916-7919
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧