このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50448
file
title alternative
Zoomすべきか否か : プライバシーの逆説と双方向オンライン学習に対する学生の態度
creator
abstract
前例のない時代,新型コロナウイルスの世界的パンデミックの間に教育機関は「新しい日常」に迅速に適応することを求められた。そこでは,授業は従来の教室の設定からデジタル領域へと姿を変えた。「双方向オンライン学習」は,教育者と学習者にとっての新しいパイプとなり,「Zoom」などの言葉は,動詞ではなく固有名詞としての使用がより一般的となった。しかし,安全で便利,かつ教育学的にも適切な学習環境を早急につくり出すにあたり,学生のプライバシーに関する懸念は無視されたのだろうか。授業を迅速にオンラインに移行する必要があったために,学生のプライバシーが犠牲にされてきてはいないだろうか。本論文では,日本の国立大学で実施され,学生のプライバシーがオンライン 授業によって不必要に侵害されたかどうかについての学生の反応を分析した調査の結果を示す。その結果では,学生は オンライン 授業に参加しながら予想外のプライバシー侵害に用心し続けているが,生配信のテレビ会議の使用についてはそこまで深刻に心配していない,ということがわかった。しかし,オンライン 授業が永続的に学生の大学生活の一部になるのであれば,学生は明確に定義されたプライバシーポリシーの範囲が採用されることを望む,ということもこの調査は示した。
abstract
In unprecedented times, during the COVID-19 global pandemic, educational institutions were required to rapidly adapt to a ‘new normal’ where classes metamorphosed from a traditional classroom setting to one set in the digital sphere. Interactive online learning has become the new conduit for educators and learners and words such as ‘zoom’ became more commonly used as a proper noun rather than a verb. Yet in the rush to create a learning environment that was safe, convenient and pedagogically sound, were student privacy concerns overlooked? Has students’ privacy been sacrificed for the need to quickly move classes online? This paper shows the results of a survey conducted at a national university in Japan which analysed student responses as to whether their privacy was being unnecessarily infringed by online classes. The results showed that students remained wary of an untoward invasion into their privacy whilst participating in online classes but were not overwhelmingly concerned by the use of live-streaming videoconferencing. Yet, the survey also indicated that if online classes were to become a permanent addition to their university timetable, then students indicated a wish for clearly defined privacy policy parameters to be adopted.
journal title
Hiroshima Studies in Language and Language Education
issue
Issue 24
start page
73
end page
88
date of issued
2021-03-01
publisher
広島大学外国語教育研究センター
issn
1347-0892
ncid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2021 広島大学外国語教育研究センター
department
Institute for Foreign Language Research and Education
他の一覧