このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 25897
file
title alternative
養殖アユから分離された褐色色素産生Pseudomonas plecoglossicida
creator
Park, Se Chang
Shimamura, Ichiro
Hagihira, Masaru
subject
Pseudomonas plecoglossicida
bacterial hemorrhagic ascites
brown pigment
ayu
Plecoglossus altivells
NDC
Fishing industry. Fisheries
abstract
1999年4月に徳島県下のアユ養殖場で出血性の腹水症状を呈する病魚から、水溶性の褐色色素を産生するグラム陰性、好気性、非運動性の桿菌が分離された。形態学的、生化学的性状および抗 -P. plecoglossicida 血清との凝集試験結果に基づいて、分離株は細菌性出血性腹水病の原因菌である P. plecoglossicida に同定された。分離株のアユに対する病原性は強く、そのLD50値は 7×100 CFU (筋肉内注射)であった。本病の原因菌に褐色色素産生株も存在することが判明した。
journal title
Fish Pathology
volume
Volume 35
issue
Issue 2
start page
91
end page
92
date of issued
2000-06
publisher
日本魚病学会
issn
0388-788X
ncid
language
eng
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2000 The Japanese Society of Fish Pathology
department
Graduate School of Biosphere Science