このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19806
file
title alternative
IOLmodeling and light imulation for glare source analysis
creator
Fukunaga, Atsuyoshi
Sone, Takashi
Mishima, Hiroshi
subject
レイトレーシング
眼内レンズ
グレア
白内障
輝度分布
ray tracing
IOL
glare
cataract
intensity distribution
NDC
Electrical engineering
Medical sciences
abstract
眼病として眼球の水晶体が白く濁る白内障がある.この病気により一度白く濁った水晶体は元に戻ることは無い.水晶体中の白く濁った部分を除去し,その中に眼内レンズを挿入する小切開白内障手術を行うことにより,視力の回復が見込まれる.しかし,術後の後遺症の一つとしてグレアの知覚が挙げられる.グレアとはレンズを挿入したことにより生じるぎらつきのことを指す.グレアの発生原因に関する詳しい解析はまだ十分に行われていない.本稿では,グレア発生原因解析の基礎研究として,眼内レンズ断面形状のモデル化.眼内レンズに入射する光を反射・屈折を考慮して光線追跡を行い,眼底での輝度分布をシミュレーションする方法について述べる.
abstract
Cataract is the eye disease which clouds the lens of the eye. Vision can be returned through the cataract operation which inserts an intraocular lens into the eye. However a postoperative after effect exists in which a glare is generated. In this paper we approximate IOL's cross section shape using least squares approach, and trace light rays via taking into accout reflection and refraction. Then by observing the distribution of Rays onto a Fundus model we determined a glare exists.
journal title
MIRU2007 画像の認識・理解シンポジウム論文集
start page
1171
end page
1176
date of issued
2007-07
publisher
画像情報フォーラム
language
jpn
nii type
Conference Paper
HU type
Conference Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2007 画像情報フォーラム
relation url
department
Graduate School of Engineering
Graduate School of Biomedical Science