このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32395
file
title alternative
Examining a model of college students' intention of seeking counseling: relations among college students' concerns on seeking counseling, expectations on seeking counseling, and intention of seeking counseling
creator
Nakaoka, Chiyuki
Kodama, Kenichi
subject
援助要請不安
援助要請期待
援助要請意図
悩みの程度
NDC
Psychology
abstract
本研究の目的は,援助要請不安,援助要請期待,悩みの程度および援助要請意図の関連を共分散構造分析を用いて,定量的・構造的に明らかにすることであった。悩みの存在が,援助要請不安および援助要請期待に影響を及ぼし,さらに,その2変数が援助要請意図に影響を及ぼすと仮定するモデルを構成し,共分散構造分析による解析を行った。その結果,援助要請不安と援助要請意図との間に直接の関連は見られず,悩みの存在が,援助要請意図に影響を及ぼしていること,悩みの存在が,援助要請期待を誘発し,援助要請意図に影響を及ぼしていること,援助要請不安は,援助要請期待を介して,援助要請意図に影響を及ぼしていることが示唆された。これらの結果から,援助要請期待を高める心理教育が,サービスギャップ克服のために有効であることが示された。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 11
start page
215
end page
224
date of issued
2012-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧