このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36504
file
title alternative
Quality Indicators for Pain Management in Neonatal Intensive Care Units and Growing Care Units : A Modified Delphi Survey of an Expert Panel
creator
subject
NICU
痛み
質指標
デルファイ変法
新生児
Pain
Quality indicator
Modified Delphi method
neonates
NDC
Medical sciences
abstract
【目的】
近年,わが国ではエビデンスに基づいた望ましい医療と実際に行われている医療の格差を知るために,標準医療が実施されている度合を質指標で示し,医療の質を高めていく手法が組織を改善する上で有用であることが明らかになり始めている。そこで本研究ではNICU・GCUにおける痛みのケア向上のための一方策として,痛みのケアのモニタリング指標となるNICU・GCUにおける疼痛管理の質指標を開発することとした。

【方法】
質指標の作成にはデルファイ変法を用い,看護師と医師を含む11名からなる専門家パネル委員を選定し,指標の適切性を検討した。手順は,(1)文献検討を基にした研究者による初期指標の作成,(2)第1回目適切性評価,(3)専門家パネル会議,(4)第2回目適切性評価,(5)第3回目適切性評価であった。

【結果】
初期指標として作成した15の質指標に対する第1回目適切性評価の結果は,4項目が適切,その他は中間であった。同時に専門家パネル委員から5つの質指標の追加が提案された。専門家パネル会議では20の質指標について文言の修正を実施し新たに1つの質指標が追加された。第2回目適切性評価では21の質指標の内,13項目が適切に分類された。第3回目適切性評価では13の指標の最終的な適切性の評価と, これらの指標の内2つの指標を統合することの可否を確認した。以上のプロセスを経て,最終的に12の質指標を開発した。

【結論】
作成した12の質指標は日本の現状に即した内容であり,QIを継続的に測定することは痛みのケアに関する組織の取り組みの現状を分析する方策として有用であると考えられた。
abstract
Objective : Measuring the quality of inpatient care using quality indicators is evidently improving the efficiency of health care provider organizations. In this study, we developed quality indicators for health care professionals to continuously monitor the quality of pain management in Neonatal Intensive Care Units (NICU) and Growing Care Units (GCU).
Method : An expert panel comprising six nurses and five physicians assessed the appropriateness of potential indicators using a three-round modified Delphi procedure along with a panel meeting. The following steps were followed: (1)A researcher identified putative indicators thorough a literature review, (2)first round of evaluation, (3)expert panel meeting, (4)second and (5)third round of evaluation.
Results : In the first round, 11 panelists evaluated 15 indicators. All these quality indicators were retained for the next step, and five indicators were added by the panel. During a subsequent panel meeting, 20 indicators were discussed and one indicator was added. In the second round, 10 panelists selected 13 indicators. In the third round, 11 panelists selected 13 indicators and combined two of those indicators. The final set comprised 12 indicators.
Conclusion : An expert panel selected indicators that reflected the quality of pain management in NICU and GCU in Japan. These indicators could be used in assessing and monitoring pain care to finally improve the quality of care in NICU and GCU.
description
本研究は日本学術振興会科学研究費補助金(若手A,No.25713066)を受けて行った研究の一部である.
journal title
Journal of Japan Academy of Neonatal Nursing
volume
Volume 20
issue
Issue 2
start page
2
end page
12
date of issued
2014
publisher
日本新生児看護学会
issn
1343-9111
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2014 日本新生児看護学会
department
Graduate School of Biomedical & Health Sciences
note
本文PDF差し替え(2019年11月7日)
他の一覧