このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 22858
file
creator
Tanigawa Masaki
subject
PSS
SVM
NDC
Electrical engineering
abstract
電力系統が大規模・重負荷になるにつれて,系統の安定度もローカルな電力動揺だけでなく,系統全体に影響する長周期動揺が問題となっている.このため大規模電力系統の安定化に対し,本研究室でも電力系統安定化装置(PSS)のロバスト性を考慮した設計法を提案してきた.しかし,一つのPSSでは系統状態によっては所望の制御性能が得られないという課題が生じていた.そこで本稿では,パターン認識手法の一つであるサポートベクターマシン(SVM)を適用し,系統状態を判別することによって,二つのPSSを切り替える制御系を提案する.これにより適切な制御系を構成し,安定性の改善を図る.
journal title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
volume
Volume 58
start page
421
date of issued
2007-10
publisher
電気・情報関連学会中国支部
ncid
language
jpn
nii type
Conference Paper
HU type
Conference Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2007 by Authors
department
Graduate School of Engineering