このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20404
file
creator
Oda, Minoru
Manabe, Tomohisa
subject
モ-フィング
光源移動
NDC
Electrical engineering
abstract
光源位置の異なる2枚の画像から、光源位置が徐々に変化する画像を生成するイルミネーションモーフィング(以下、ILM)手法が開発された。ILM手法は輝度値が連続的に変化する滑らかな面のみを対象としている。しかし、実写画像には微小な凹凸による陰影や汚れなどが存在し、輝度値のゆらぎが生じる。本稿ではILM手法の対象範囲を実写画像へ拡張するため、局所的に輝度値がゆらいでいる面を含む画像に拡張する方法を検討した。複数の要素関数の集合から成る輝度分布関数を用いて画像中の輝度分布を表現し、配置する要素関数に一定以上の半径を持つという条件を加えることで、局所的なゆらぎ成分を除いた輝度分布を得る。この処理により、輝度のゆらぎ成分を除いた輝度分布の形状変形を実現する。
journal title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
volume
Volume 58
start page
300
date of issued
2007-10
publisher
電気・情報関連学会中国支部
ncid
language
jpn
nii type
Conference Paper
HU type
Conference Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2007 by Author
relation url
department
Graduate School of Engineering