このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33048
file
title alternative
3.1 Structure Formation in Detonations and Laser-Driven Detonations(3. Ionization Dynamics and Structures in Laser Produced Plasmas,<Special Topic Article>Complexity of Plasmas and Structure Formation Dominated by Atomic and Molecular Process)
creator
subject
detonation
laser
plasma
instability
structure formation
NDC
Physics
abstract
デトネーションとは,広義には,衝撃波とそれに伴う流体加熱領域とが一体となって媒質中を伝播する現象である.流体加熱機構には化学燃焼や核燃焼,あるいはレーザー加熱などがある.通常,単にデトネーションと言うときには化学燃焼によって駆動される場合を指す.化学燃焼駆動デトネーションに関しては,既に多くのことがわかっている.特に,化学反応の分子過程に強く依存する独特の構造が波面に現れることは広く知られている.本稿では,デトネーション波面の不安定性と構造形成について紹介するとともに,レーザー駆動デトネーションを研究する意義を述べ,また,最近の実験結果を紹介する.
journal title
プラズマ・核融合学会誌
volume
Volume 84
issue
Issue 6
start page
356
end page
361
date of issued
2008-06-25
publisher
社団法人プラズマ・核融合学会
issn
0918-7928
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
(c) 2008 The Japan Society of Plasma
relation url
department
Graduate School of Engineering