Journal of the Faculty of Fisheries and Animal Husbandry, Hiroshima University Volume 15 Issue 1
1976-07-20 発行

The Reef Fish Fauna of Kuchierabu, Offshore Island of Southern Japan

口永良部島の磯魚
Gushima, Kenji
Murakami, Yutaka
file
abstract
琉球列島と九州本土の間に位置する口永良部島において,1970年10月から1973年11月の間に14回に亘る磯魚の採集を行い,217種の磯魚を同定した。これらの種は地理的な分布圏の差異により,以下に述べる4グループに分けられる。
1) インド・太平洋熱帯域から日本南部まで分布する種; 170種 (78.3%)
2) インド・太平洋熱帯域から口永良部島まで分布し,口永良部島を分布の北限とする種; 36種(16.5%)
3) 日本南部から琉球列島まで分布し,琉球列島を分布の南限とする種; 10種(4.6%)
4) 日本南部から口永良部島まで分布し,口永良部島を分布の南限とする種; 1種(0.4%)

以上の結果から口永良部島の魚類相は,日本南部の亜熱帯性魚類相よりも,琉球列島の熱帯性の魚類相に近いと考えられる。