中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校 Volume 51
2011-03 発行

役割行動を学ぶバレーボールの授業研究 : 4対4のメインゲームを通して <第2部 教科研究>

児玉 隆弘
平山 雄造
file
abstract
バレーボールのゲームにおいて,その本質的な楽しさは「意図的なセットを経由した攻撃」が展開されることであろう。そこで必要とされるのは,「ボール操作技能」だけではなく,ゲーム中に各プレーヤーがどの「役割」を担って何をしたらよいかという「判断に基づいた行動」である。この「役割行動」を学ぶ授業のあり方を求めて,ゲームで「意図的なセットを経由した攻撃」をすることを目標に,チーム毎にドリル練習,タスクゲーム,4対4のメインゲームを行った。その結果,ゲームに必要な技能は何か,という視点で意欲的にアドバイスし合いながら練習に取り組み,意図的なセットを経由したラリーを展開することができた。また,ゲーム中にサービスレシーブがセッターに返球されない場面でも,状況に合わせて「役割」を変化させて,攻撃を組み立てることができた。これは,「役割行動を理解し,それを成し遂げよう」とした成果であるといえる。
SelfDOI