このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45826
file
title alternative
Individuality-Based Identity and Relatedness-Based Identity: An Analysis of the Characteristics of Adolescent Interpersonal Relations
creator
Yamada, Miki
subject
「個」としてのアイデンティティ
「関係性」に基づくアイデンティティ
青年期
対人関係
大学生
Individuality based identity
Relatedness based identity
Adolescence
Interpersonal relations
University students
NDC
Psychology
abstract
本研究では,近年重要な視点として取り上げられている「個」としてのアイデンティティと「関係性」に基づくアイデンティティから青年理解を試みた。研究Iでは,大学生175名を対象にして,先行研究を参考に「個」と「関係性]の視点を含む新たなアイデンティティ尺度を作成した。因子分析の結果,3因子15項目からなる「個」としてのアイデンティティ尺度と,3因子13項目からなる「関係性」に基づくアイデンティティ尺度が構成された。しかし,「個」としてのアイデンティティと「関係性」に基づくアイデンティティとを完全に分離することは難しいことが示された。研究IIでは,大学生295名を対象にして,作成した2つの尺度の妥当性と信頼性を検討した。作成した尺度を用いてクラスタ分析を行ったところ,4つのクラスタが抽出された。その後,対象者のうち20名を対象にして,対人関係に関する質問項目からなる半構造化面接を行い,4クラスタの実際の対人関係に見られる相違を検討した。結果の整理にはKJ法を用い,最終的に各クラスタ3〜5個のカテゴリーが抽出された。それらを比較・検討した結果,青年期のアイデンティティにおける「個」の側面は,自他の融合感の少なさと幅広い他者との関係を求める傾向として表れること,「関係性」の側面は,他者を自己とは独立した存在として認識し,親密な関係を築くことができる傾向として表れることが明らかになった。
abstract
The purpose of this study was to understand adolescents in terms of individual-based identity and relatedness-based identity. In Study 1, university students answered a questionnaire regarding their identity. Based on an analysis of these data, a scale was constructed consisting of 15 items related to individuality based identity and 13 items related to relatedness based identity. Differentiation of these two aspects of identity was shown to be difficult. In Study 2, university students completed the questionnaire derived from Study 1, and the scale's validity and reliability were confirmed. A semi-structured interview containing questions related to interpersonal relations was conducted with 20 of the participants from Study 2, to clarify differences between the 4 groups of items formed by cluster analysis. The "KJ" (Kawakita Jiro) Method was used to organize the interview data, and revealed 3-5 categories. The results indicated that in individuality based identity one has little assimilation with others, and seeks wide interpersonal relationships. In contrast, in relatedness based identity one perceives oth ers as independent from oneself and has the ability to from intimate relationships.
journal title
The Japanese Journal of Developmental Psychology
volume
Volume 19
issue
Issue 2
start page
108
end page
120
date of issued
2008-08-10
publisher
日本発達心理学会
issn
0915-9029
2187-9346
ncid
publisher doi
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2008 日本発達心理学会
department
Graduate School of Education



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times