このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41300
file
title alternative
銅(II)-グリシン錯体の調製
creator
Imamura, Tsuneaki
Hatanaka, Chitoshi
Doudou, Takafumi
NDC
Medical sciences
abstract
人工乳のミネラルに関する基礎的研究に必要な研究材料となる種々の金属-アミノ酸錯体を調製してきたが,今回は,銅(II)-グリシン錯体の調製を試みたのでその結果を報告した。

銅(II)-グリシン錯体についてはこれまでに,さまざまな視点から多くの研究が行なわれている。本報では,銅(II)-グリシン錯体標品を得るためにまず銅(II)-グリシン錯体の生成条件について検討し,中性からアルカリ性域にかけて生成する銅(II)-グリシン錯体は〔Cu(II)-Gly2〕の形で存在することを分光光学的に確かめた。この他,温度,反応時間, 銅(II)/グリシン比などについても検討し,それらの結果をもとに,錯体の調製法を決めた。そしてこの方法で得られた標品は,銅(II):グリシン=1:2の組成比をもつ銅(II)-グリシン錯体であることを確認した。
abstract
A method for preparing a Cu(II)-Gly complex was presented on the basis of the examination of the complex formation. The preparation obtained was identified by paper electrophoresis as the expected Cu(II)-Gly complex being composed of Cu(II) and Gly in the molar ratio of 1:2.
journal title
Journal of the Faculty of Fisheries and Animal Husbandry, Hiroshima University
volume
Volume 17
issue
Issue 1
start page
35
end page
41
date of issued
1978-08-10
publisher
広島大学水畜産学部
issn
0440-8756
ncid
naid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biosphere Science
他の一覧



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times