このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34600
file
title alternative
Clinical Activities and Generativity in Austen Riggs Center
creator
subject
Austen Riggs Center
Erikson Scholar
力動的心理療法
臨床活動
世代継承性
NDC
Psychology
abstract
Erikson, Rapaport, Will など,数多くの精神分析家が臨床と研究に携わったAusten Riggs Center の臨床活動について紹介し,その特質と世代継承性について考察した。Riggs の臨床は,①心理力動的オリエンテーション(psychodynamic approach)による集中した心理療法(intensive psychotherapy),②チーム治療(team therapy)と治療共同体(therapeutic community),③活動プログラム(activity program), ④患者の尊厳の尊重(patients' authority)が特徴的である。この基本方針は,第二次世界大戦後60 年余にわたって継承されており,精神病圏・人格障害圏の重い病理水準の患者を対象としているにも関わらず,60~80%以上の治癒率という高い治療実績を有している。また,スーパーヴィジョンを通じて質の高い力動的心理療法が次世代に継承されてきた。現在,世代交代期にあるRiggs の課題について論じた。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 12
start page
285
end page
304
date of issued
2013-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times