このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34597
file
title alternative
Type of time management in elementary school students : Home works during winter vacation
creator
Imura, Tomoya
Okazaki, Yoshihiro
Tokunaga, Satoko
Takamura, Masahiro
subject
時間管理
小学生
宿題
冬休み
NDC
Psychology
abstract
長期休暇中に様々な宿題を行わなければならない児童は,計画を立てた上で宿題をしているのだろうか。本研究では,計画を立てた小学生と立てなかった小学生それぞれの宿題の取り組み方について調査した。小学生の宿題の取り組み方は4 タイプに分類された:(a)ほぼ毎日していた“安定型",(b)冬休みの前半で集中的に宿題をするが,後半からペースが落ちる“前半集中型",(c)冬休みの前半では宿題をあまりしないが,後半からペースを上げる“後半集中型",(d)ほとんど宿題をしなかった“逃避型"。計画作成の有無でそれぞれのタイプを分類した結果,計画を立てていなかった小学生には逃避型が多く,計画を立てた小学生には安定型,前半集中型,後半集中型が多いことが示された。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 12
start page
263
end page
267
date of issued
2013-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times