このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33773
file
creator
Im, Chang-ho
NDC
Education
contents
序章 シュライエルマッハー教育学に関する先行研究と社交性理論の位置づけ / p5
 第一節 先行研究の傾向 / p11
  1 初期 / p13
  2 第一次世界大戦前後(ディルタイ以後) / p15
  3 第二次世界大戦後 / p16
 第二節 シュライエルマッハーによる社交性の研究 / p36
 第三節 シュライエルマッハー教育学における社交性理論の位置 / p43
第一章 シュライエルマッハーの生涯と社交性理論の萌芽 / p50
 第一節「社交性」(Geselligkeit)という用語の概念規定 / p50
 第二節 社交と時代背景 / p61
 第三節 シュライエルマッハーの生涯における実践的社交生活の経験 / p69
  1 ヘルンフート兄弟団での生活 / p75
  2 ドーナー伯爵家における家庭教師としての生活 / p87
  3 ベルリンのヘルツサロンでの生活 / p91
第二章「コイノニア」としての社交性 / p109
 第一節「コイノニア」の語源とギリシア古典作品 / p111
  1 語源 / p111
  2 ギリシア古典作品における「コイノニア」 / p112
 第二節 初期キリスト教共同体と聖書に見られる「コイノニア」 / p124
  1 旧約聖書 / p125
  2 新約聖書 / p128
 第三節 教父たち(Fathers) / p145
  1 オリゲネス(Origenes,c.185-c.254) / p146
  2 テルトゥリアヌス(Tertullianus,160-c.220) / p151
  3 キプリアヌス(Cyprianus.?-258) / p153
  4 その他 / p156
 第四節 初期教会会議 / p162
  1 エルヴィラ教会会議(The Council of Elvira,A.D.306.) / p162
  2 アンキュラ教会会議(The Synod of Ancyra,A.D.314.) / p165
  3 ニカイア教会会議(The Council of Nicaea,A.D.325.) / p167
 第五節 小括 / p172
第三章 シュライエルマッハーの「社交性理論」の構造 / p176
 第一節 第三の生活領域としての社交的生活 / p179
 第二節 社交性の理論化 / p185
  1 理論化の必要性 / p185
  2 社交における相互作用と「社交性理論」の構造 / p189
  3「スヌーシア」としての相互作用 / p193
 第三節 社交的振舞いの諸法則 / p199
  1 形式的法則 / p199
  2 物質的法則 / p201
  3 量的法則 / p202
 第四節 相互作用としての社交的対話 / p205
  1 マナーの法則 / p205
  2 素材の法則 / p208
  3 統合の法則 / p212
結章 要約と結語-現代教育に対する「社交性理論」の意義- / p217
 第一節 要約 / p217
 第二節 結語 / p230
参考文献 / p240
付論1 日本におけるシュライエルマッハー研究-教育学研究を中心として- / p251
付論2 篠原助市におけるシュライエルマッハー教育学受容に関する一考察-篠原の教育本質論における「助成」概念を中心に- / p278
シュライエルマッハー関係文献(1834年-1992年) / p312
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
grantid
甲第1185号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(教育学)
degreename En
Pedagogy
degreelevel
doctoral
date of granted
1993-07-14
department
Graduate School of Social Sciences



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times