このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32329
file
title alternative
The Relationship among Functional Sitting Posture, Head Control, and Use of Upper Limbs for Children with Cerebral Palsy <Original Articles>
creator
Kittaka, Yukari
Kifune, Noriyuki
subject
脳性まひ
上肢操作
機能的座位姿勢
頸座
NDC
Education
abstract
体幹がやや前傾した座位姿勢,つまり機能的座位姿勢は上肢の操作を促すと言われている。本研究では,学校において座位保持いすを使用しており,また頸座に困難が見られる2名の脳性まひ児の座位,頸座と上肢の操作との関係を明らかにした。図工の学習場面を観察した結果,体幹がやや後傾した座位姿勢において体幹が円背となることもなく,頭部も垂直位に保持されやすく,学習に適切な上肢の運動が比較的多く見られることが明らかになった。結論として,頸座に困難の見られる脳性まひ児の場合には,機能的座位姿勢,つまりやや体幹が前傾の座位姿勢より体幹をやや後傾させた座位姿勢が,上肢の使用に適した姿勢である可能性が示唆された。
journal title
The Bulletin of the Center for Special Needs Education Research and Practice Graduate School of Education, Hiroshima University
issue
Issue 9
start page
23
end page
28
date of issued
2011-03
publisher
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
issn
1883-5406
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times