このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32317
file
title alternative
Developmental Study on Asymmetrical Tonic Neck Reflex in Infants and School Children <Original Articles>
creator
Kifune, Noriyuki
subject
幼児
児童
発達
姿勢反射
非対称性緊張性頚反射
中枢神経系の機能障害
NDC
Education
abstract
本研究においては,障害のない幼児・児童における非対称性緊張性頚反射の出現率を年齢差,男女差,頭部回転方法による差に注目して比較することを目的とした。研究参加者は幼稚園に通っている障害のない幼児と,小学校の1年生,3年生と4年生の計162名であった。年齢差の要因に関しては,年少,年中,年長,1年,3年,4年の全学年において,四つ這い位での非対称性緊張性頚反射が誘発された。しかし,その出現率は低年齢ほど高かった。性差に関しては男性よりも女性の非対称性緊張性頚反射が誘発されやすいという結果であった。回転法に関しては,受動的回転よりも能動的回転のほうが非対称性緊張性頚反射が誘発されやすかった。しかし回転方向における主効果はみられなかった。
journal title
The Bulletin of the Center for Special Needs Education Research and Practice Graduate School of Education, Hiroshima University
issue
Issue 8
start page
5
end page
8
date of issued
2010-03
publisher
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
issn
1883-5406
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times