このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31852
file
creator
Tanaka, Yukitane
NDC
Education
contents
目次 / p1
序章 研究の目的と視座 / p5
 (1) 研究の動機と目的 / p5
 (2) 本研究の接近法 / p7
第1章 カリキュラム研究の諸相 / p9
 第1節 カリキュラム概念の発達 / p9
  (1) カリキュラムの語源・起源 / p9
  (2) 百科全書的教育内容としてのカリキュラム / p9
  (3) 発達と学校体系を観点としたカリキュラムの体系化 / p10
  (4) 教育学体系としてのカリキュラムの体系化と構成 / p11
 第2節 スクール・カリキュラムの発達と開発 / p13
  (1) カリキュラムの枠組みづくり / p13
  (2) カリキュラムの科学化・現代化 / p15
  (3) カリキュラムの人間化 / p17
 第3節 カリキュラム研究の関心領城 / p17
  (1) 研究領域の枠組み / p17
  (2) 科学とカリキュラム / p18
  (3) 知識とカリキュラム / p18
  (4) イデオロギーとカリキュラム / p19
  (5) 潜在的カリキュラム / p20
  (6) 教育評価とカリキュラム / p21
第2章 幼児教育カリキュラムのストラテジー構造 / p25
 第1節 わが国におけるカリキュラム・トピックス / p25
  (1) 幼児教育論の諸相 / p25
  (2) 「表現教育」論 / p26
  (3) コンピューター教育論 / p29
  (4) 文字教育論 / p33
 第2節 米国におけるエイジェント・カリキュラム / p35
  (1) 幼児教育機関の多様性と公共性 / p35
  (2) 幼児教育カリキュラムの特色 / p36
  (3) カリキュラム・ストラテジ一の構造 / p48
第3章 幼児教育カリキュラムの児童中心イデオロギーの発達と構造 / p57
 第1節 イデオロギ一の振り子モデル / p57
  (1) イデオロギーの両極 / p57
  (2) イデオロギーの揺れ動きと発達 / p58
 第2節 児童中心イデオロギーの位相 / p59
  (1) 第一期:草創期 / p59
  (2) 第二期:発展・展開期 / p64
  (3) 第三期:定着・確立期 / p82
  (4) 第四期:点検・修正期 / p89
 第3節 児童中心イデオロギーの教育視座と構造 / p89
  (1) イデオロギー仮説の抽出 / p89
  (2) イデオロギー仮説の枠組みと構造 / p91
第4章 わが国におけるカリキュラム視座の発達と構造 / p100
 第1節 公的カリキュラムの変遷と視座 / p100
  (1) 保有科目の時期 / p100
  (2) 保育四項目の峙期 / p103
  (3) 保育五項目の時期 / p105
  (4) 保育要領の時期 / p107
  (5) 昭和31年版・幼稚園教育要領の時期 / p112
  (6) 昭和39年版・幼稚園教育要領の時期 / p117
 第2節 現行「幼稚園教育要領」の枠組みと視座 / p122
  (1) 幼稚園教育要領改訂の経緯 / p123
  (2) 領域の構造 / p128
  (3) 準拠枠 / p132
 第3節 カリキュラム視座の位相とパラダイム / p135
  (1) カリキュラム視座の変遷 / p135
  (2) 幼稚園の教育目標分析からみたカリキュラム構造 / p138
第5章 指導計画のフォームと顕在・潜在イデオロギー / p184
 第1節 カリキュラム構造と指導計画 / p184
  (1) カリキュラムの3層構造 / p184
  (2) 「指導計画」の枠組みと概念 / p186
 第2節 イデオロギー変換とフォーム / p194
  (1) 指導計画のフォームの開発 / p194
  (2) 記述内容とイデオロギー / p200
第6章 カリキュラム開発の視座と方策 / p207
 第1節 カリキュラム開発の次元 / p207
  (1) 発達の次元 / p207
  (2) 文化内容・背景の次元 / p208
  (3) 知識・技能の次元 / p211
 第2節 幼児教育カリキュラムの類型化 / p212
  (1) 類型枠の設定 / p212
  (2) 類型枠のコンセプト / p212
  (3) 革新カリキュラムのストラテジー / p214
 第3節 幼稚園におけるカリキュラムの開発と視座 / p221
  (1) 教育資源の開発と教育活動への活用 / p221
  (2) 幼稚園施設の組み替えと活用 / p231
  (3) 幼稚園のオープンスクール / p237
  (4) 幼稚園と学校との交流活動 / p253
  (5) 指導過程のパラダイム変換 / p258
第7章 イデオロギー伝達装置としての養成カリキュラムの教授内容分析 / p284
 第1節 テキストの教授内容分析 / p284
  (1) はじめに / p284
  (2) 調査分析の方法 / p285
  (3) 調査分析Iの結果と考察 / p287
  (4) 調査分析IIの結果と考察 / p293
  (5) テキストの教授内容に潜在する視座 / p302
 第2節 講義の教授内容分析 / p307
  (1) はじめに / p307
  (2) 分析の方法 / p307
  (3) 分析Iの結果と考察 / p308
  (4) 分析IIの結果と考察 / p311
 第3節 養成カリキュラムと「児童中心」イデオロギーの伝達 / p319
  (1) 養成カリキュラムのイデオロギー的性格 / p319
  (2) イデオロギー伝達装置の養成カリキュラム / p320
結語 / p324
引用・参考文献 / p331
論文中に使用の図・表・資料一覧 / p343
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
grantid
乙第2581号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(教育学)
degreename En
Pedagogy
degreelevel
doctoral
date of granted
1994-07-20
department
Graduate School of Education



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times