このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20412
file
creator
Fujiwara, Kazuya
青山 桂子
subject
水滴
NDC
Electrical engineering
abstract
光の干渉や分散によって生じる気象現象に虹がある。これらの減少の美しさから、CG分野でその表示手法に関して研究が行われている。また気象学分野においても、シミュレーションによる気象現象の解明が待たれている。波動光学を考慮したレンダリングにより、過剰虹の表示や、水滴の大きさによって異なる虹の表示を行う手法が開発されている。しかし、この手法の問題点として空気中の水滴を2次元のスクリーン状にしか設定できず、水滴の大きさや個数が一様に分布した状態だけしかレンダリングを行えないことが挙げられる。本研究では、水滴の大きさと個数の3次元空間での分布を考慮してレンダリングを行うことができるように改良を行った。
journal title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
volume
Volume 58
start page
486
date of issued
2007-10
publisher
電気・情報関連学会中国支部
ncid
language
jpn
nii type
Conference Paper
HU type
Conference Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2007 by Author
relation url
department
Graduate School of Engineering



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times