このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20408
file
creator
Masuike, Isao
subject
BSSRDF
表面下散乱
シミュレーション
NDC
Electrical engineering
abstract
コンピュータグラフィックスにおいて、大理石などの半透明物質をリアルにレンダリングするためには、物質表面上だけでなく、物質内部における光の散乱を考慮した双方向表面下散乱反射分布関数(BSSRDF)が必要となる。Jensenらは、表面下の多重散乱光成分を双極子光源を用いて近似したBSSRDF を提案している。実際には光の入射角が大きくなると、表面下散乱によって最も明るくなる位置が入射点からずれてくる。しかし、Jensenらの手法ではそれを表現することができない。本研究では、よりリアルな画像生成のためのBSSRDF設計指針を確立することを目指す。すなわち、物質の散乱特性(アルベド、位相関数)を変化させて表面下散乱シミュレーションを行い、表面下放射照度分布の特性を調査・検討し、BSSRDF設計指針を得る。
journal title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
volume
Volume 58
start page
302
date of issued
2007-10
publisher
電気・情報関連学会中国支部
ncid
language
jpn
nii type
Conference Paper
HU type
Conference Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2007 by Author
relation url
department
Graduate School of Engineering



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times