このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28785
本文ファイル
別タイトル
Product Architecture and Technological Capability Building in the Automobile Parts Industry
著者
目代 武史
金原 達夫
キーワード
技術能力
製品アーキテクチャ
自動車部品
technological capability
product architecture
automobile parts
NDC
機械工学
抄録
本稿の目的は、日本の自動車部品産業における企業の技術能力形成の特質について考察することである。本稿では、分析概念として製品アーキテクチャを導入し、自動車部品の技術特性が部品メーカーの技術能力の形成に与える影響を考察する。製品アーキテクチャとは、製品システムの機能要素と物理構造との組み合せに関する設計構想であり、モジュラー型と統合型に分類される。自動車部品の多くは、統合型アーキテクチャである。統合型アーキテクチャの下では、製品システムの一貫性を実現するために、部品間・工程間・企業間で継続的な調整を必要とする。そのため、技術能力の形成は、システム構成要素間の調整機能を充実させる方向に進化する傾向がある。本稿では、専門部品メーカー2社の事例分析を行い、事例企業において調整機能を実現させるためにいかなる取り組みがされているか、また製品アーキテクチャの相対的違いが技術能力の形成にいかなる影響を与えているかを考察している。
抄録(英)
This article discusses characteristics of technological capabilities and the role of product architecture in capability building in the automobile parts industry in Japan. The product architecture is the scheme by which functional elements of a product are allocated to physical components. There are two modes of product architecture: a modular and an integral architecture. Major portion of automobile parts are based on the integral architecture, which requires complex and continual adjustments among interacting physical components as well as coordination of interactive activities between a focal assemblers and suppliers. This task nature encourages suppliers to build technological capabilities in a manner that advances adjustment and coordination functions. In the article two cases of suppliers are illustrated in detail—one produces fuel tanks and the other manufactures seats—in order to argue how they achieve coordination of interacting activities, and how the architecture influences processes that suppliers build technological capabilities.
掲載誌名
地域経済研究
13号
開始ページ
19
終了ページ
34
出版年月日
2002-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
国際協力研究科
他の一覧