このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28762
本文ファイル
別タイトル
Resource Accumulation and Diversification of Parts Suppliers in the Auto Industry
著者
目代 武史
金原 達夫
NDC
機械工学
抄録
本稿は、中国地方の自動車産業におけるサプライヤー企業の事業展開の特徴をアンケート調査に基づき実証的に明らかにするものである。新規の事業展開の状況を(a)取引先の拡張および(b)生産品目の多角化の2つの方向から調査した。分析の結果、調査対象企業の新分野への事業展開は全体的にはサプライヤー企業の事業内容を大きく展開するまでには至っていないことが明らかになった。その背景にあるのは、サプライヤー企業の経営資源・能力の自動車部品事業への固定化である。自動車という商品のライフサイクルの長さ、顧客企業との長期継続的で相互依存的な取引関係が、サプライヤー企業の技術や業務システムを特定の顧客企業との取引に固有で、特定の部品や工程に特化したものへと方向づけていると考えられる。既存の事業分野のみに依存した事業展開では中長期的な成長に限界がある。したがって、サプライヤー企業が長年にわたって維持してきた下請け関係を脱し、新事業展開を行うためには、広い戦略視野を持った戦略革新が不可欠である。
抄録(英)
This article discusses the management practice and performance of parts suppliers in the auto industry in the Chugoku region. We sent the questionnaire to 285 supplier firms and received 66 responses. We further conducted the questionnaire survey to above respondents and finally analyzed 49 suppliers. The results show that parts suppliers have neither expanded customers nor diversified products in the past five years. Among factors such as strategy, competitors, and industry structure, there are two critical factors affecting suppliers' business activities: a) trading practices and b) resource accumulation. Stable life-cycle of products as well as longer and interdependent relations with customer firms provide suppliers with incentives to accumulate specific resources and capabilities to particular customers or manufacturing processes. Although customerspecific resources and capabilities bring some advantages in the existing business, they constrain suppliers' ability to develop new business. The research suggests that strong strategic leadership is necessary for supplier firms to overcome resource constraints and to develop new business horizons.
掲載誌名
地域経済研究
10号
開始ページ
29
終了ページ
40
出版年月日
1999-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
国際協力研究科
他の一覧