このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33567
本文ファイル
別タイトル
GPUを用いたフォトリアリスティック,ノンフォトリアリスティック,そして視覚特性を考慮したレンダリング手法の高速化に関する研究
著者
Marcos Paulo Berteli Slomp
NDC
電気工学
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
SLOMP, M.; MIKAMO, M.; KANEDA, K. Fast Local Tone Mapping, Summed-Area Tables and Mesopic Vision Simulation. In: MUKAI, N. (Ed.). Computer Graphics. [S.l.]: InTech, 2012. p.AAA–BBB
MIKAMO, M. et al. A tone reproduction operator accounting for mesopic vision. In: SIGGRAPH ASIA '09: ACM SIGGRAPH ASIA 2009 POSTERS, New York, NY, USA. Proceedings. . . [S.l.: s.n.], 2009. p.41:1–41:1
鴨道弘, Marcos Slomp, 玉木徹, 金田和文: 「薄明視における視覚特性を考慮したトーンリプロダクション手法」, 画像ラボ, vol.22, no.6, pp.52-58 (2011 06).
三鴨道弘, Marcos Slomp, 玉木徹, 金田和文: 「薄明視における視覚特性を考慮したトーンリプロダクション」 映像情報メディア学会誌, Vol.64, No.9, pp.1372-1378 (2010).
三鴨道弘, 島田洋輔, Marcos Slomp, 玉木徹, 金田和文: 「薄明視における人間の視覚特性を考慮したトーンリプロダクション手法」, 画像電子学会第243回研究会講演予稿, 08-05-27, pp.155-161, 鹿児島大学, 鹿児島 (2009 03).
関連情報URL(references)
http://dx.doi.org/10.5772/37288
http://dx.doi.org/10.1145/1666778.1666819
http://dx.doi.org/10.3169/itej.64.1372
https://www.jstage.jst.go.jp/article/wiieej/08-05/0/08-05_0_155/_article/
学位記番号
甲第5811号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2012-03-23
部局名
工学研究科