このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35955
本文ファイル
Thumnail k6443_3.pdf 5.88 MB
Thumnail k6443_1.pdf 186 KB
Thumnail k6443_2.pdf 152 KB
別タイトル
Nonlinear analyses of folded-plate structure using meshfree method
著者
貞本 将太
NDC
技術・工学
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
貞本将太,田中智行,岡澤重信: 粒子法を用いた薄板構造物の幾何学的非線形解析,土木学会論文集A2 (応用力学),Vol. 67, No.2 (応用力学論文集Vol. 14),I 171- I 178, (2011.9).
Satoyuki Tanaka, Shota Sadamoto and Shigenobu Okazawa: Large deflection analysis for thin-plate using the Hermite Reproducing Kernel (HRK) approximation, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol. 60, pp. 205-214, (2012.1).
Satoyuki Tanaka, Shota Sadamoto and Shigenobu Okazawa: Nonlinear thin-plate bending analyses using the Hermite reproducing kernel approximation, International Journal of Computational Methods, Vol. 9-1, (DOI:10.1142/S0219876212400129) (2012.3).
貞本将太,田中智行,岡澤重信: Reproducing Kernel 近似を用いた非線形板曲げ解析における基本境界条件の処理に関する考察,土木学会論文集A2 (応用力学),Vol. 68, No.2 (応用力学論文集Vol. 15), I 249-I 260, (2012.9).
貞本将太,田中智行,岡澤重信: メッシュフリー法を用いた板曲げ解析における数値積分法に関する一考察,日本計算工学会論文集,Paper No. 20130008,(2013.4).
貞本将太,田中智行,岡澤重信: メッシュフリー法を用いた板構造物のモデル化に関する研究(第1 報:モデル化と線形解析の定式化),日本機械学会論文集A編,Vol. 79, No. 802, pp. 891-904, (2013.6).
貞本将太,田中智行,岡澤重信: メッシュフリー解析でのMPC 法を用いた基本境界条件の処理に関する研究,土木学会論文集A2 (応用力学),Vol. 69, No.2 (応用力学論文集Vol. 16), I 145-I 154, (2013.9).
Shota Sadamoto, Satoyuki Tanaka and Shigenobu Okazawa: Elastic large deflection analysis of plates subjected uni-axial thrust using meshfree Mindlin-Reissner formulation, Computational Mechanics, Vol. 52, No. 6, pp. 1313-1330, (2013,12)
学位記番号
甲第6443号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2014-03-23
部局名
工学研究科