このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34519
本文ファイル
別タイトル
A Report on Group Activity “Saturday Club" for Children With Developmental Disabilities <Practical Reserch>
著者
廣澤 清子
古田 寿子
児玉 麻理子
田中 智樹
玉林 和紘
永尾 泰子
キーワード
教育相談
発達障害
学習活動グループ
NDC
教育
抄録
本稿では,特別支援教育実践センターが行っている教育相談の一環として,2011年5月より開始した発達障害幼児・児童の学習活動グループ(通称:土曜クラブ)の実践の一部を紹介した。それらは,教育相談員として活動に参加している元教員と,学生の指導のどこが異なるのかについて,指導者の言葉かけの観点から比較を行った結果の報告,土曜クラブで計画を立て,実際に外出する経験を通じて社会性を身につけようとする実践,土曜クラブと家庭での学習を併用した事例,教育相談員が学生と一緒に担当している事例の4つである。活動に参加している学生へのアンケート結果からは,本活動が学生にとって有意義なものであることが示唆された。活動スペース,集団活動の設定,組織力の維持など,検討すべき運営上の課題もあるが,子どもや保護者が楽しみに通ってきてくれることなどを励みに,今後も活動を継続・発展させていきたい。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
11号
開始ページ
63
終了ページ
69
出版年月日
2013-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧