このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44225
本文ファイル
Thumnail k6554_3.pdf 9.29 MB
Thumnail k6554_1.pdf 231 KB
Thumnail k6554_2.pdf 167 KB
別タイトル
USP21の短い変異体はNESが欠失しており、in vivo では核内に多く存在し、in vitro でubH2Aを脱ユビキチン化することによって転写を活性化する
著者
奥田 浩
NDC
医学
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
© 2013 Okuda et al. This is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.
関連情報
Citation: Okuda H, Ohdan H, Nakayama M, Koseki H, Nakagawa T, et al. (2013) The USP21 Short Variant (USP21SV) Lacking NES, Located Mostly in the Nucleus In Vivo, Activates Transcription by Deubiquitylating ubH2A In Vitro. PLoS ONE 8(11): e79813
関連情報URL
学位記番号
甲第6554号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2015-01-22
部局名
医歯薬学総合研究科