このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47105
本文ファイル
別タイトル
Effect of Fairness on Acceptance of High-Level Radioactive Waste Disposal Facilities
著者
山口 文恵
坂田 桐子 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
NIMBY
高レベル放射性廃棄物
手続き的公正
精緻化見込みモデル
NDC
心理学
抄録(英)
NIMBY (“not in my backyard”) problems involve a contradiction in which people recognize that facilities contribute to the public interest, but oppose the construction of such facilities near their homes. The construction of high-level radioactive waste (HLW) disposal facilities is a typical example of a NIMBY issue. This study aims to investigate the effects of procedural fairness on acceptance of NIMBY facilities by using the Elaboration Likelihood Model (ELM). An online scenario-based experiment was conducted regarding acceptance of HLW disposal facilities versus that of industrial waste disposal facilities (N = 373). ANOVA results suggested that procedural fairness increases acceptance of both nuclear-related and other facilities. Furthermore, hierarchical multiple regression analyses showed signifi cant interaction between perceived risk of NIMBY facilities and interest in those facilities. Our results suggest that ELM can be applied to investigate acceptance of NIMBY facilities.
内容記述
本研究は,文部科学省プログラム広島大学「放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム」による補助を受けた。
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. I, 人間科学研究
13巻
開始ページ
23
終了ページ
31
出版年月日
2018-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7688
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
掲載された論文,研究ノート,要旨などの出版権・著作権は広島大学大学院総合科学研究科に帰属する。
Copyright (c) 2018 Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University, All rights reserved.
部局名
総合科学研究科
他の一覧