このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47445
本文ファイル
別タイトル
Characteristics of Modern Techniques in Art Education: Exploring the development of children’s expression through a workshop for elementary school students
著者
小室 明久
笠原 広一
キーワード
モダンテクニック
美術教育
表現
Modern Techniques
Art Education
Art Expression
Children
Collage
抄録
美術教育においてモダンテクニックは小学校だけでなく多様な年齢の実践の場で用いられている。しかし,その特性を活かした実践の創出には課題もある。そこで,本研究では大学の公開講座でのモダンテクニックを用いた生き物図鑑づくりのワークショップを通して,モダンテクニックによる偶発性を活かした活動から生まれる素材を子どもの表現へと結び付けることによって生まれる,子どもの表現の広がりについて考察した。実践の考察の結果,子どもはモダンテクニックによって生まれた色や形の特徴を生き物の素材に活かしており,それが生き物を構想するアイデアにもつながっていた。モダンテクニックによる偶発的な色と形の効果が,子どもの発想や構想を広げ,イメージ創出の方法となることが明らかになった。
抄録(英)
Modern techniques in art education are used for training not only elementary school students but also students of a wide variety of ages. In this research project, we examined the development of expression in children by reviewing the characteristics and issues related to modern techniques in art education, organizing an actual workshop using these techniques in an outreach program at the University, and linking an activity involving modern technique-based emergence to art expression in children. Modern techniques used in the workshop included streamers, stamping, decalcomania, and spattering, which were then incorporated into collages to form animals. During this activity, colors and shapes created via the effects of these modern techniques were used as elements in the creation of the animals and contributed to the artists’ ideas on how to create their animals. Our observations suggest that the effects of each modern technique contributed to increased expressive potential on the part of the children in creating their animals.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
7号
開始ページ
135
終了ページ
145
出版年月日
2019-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧