このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47441
本文ファイル
別タイトル
Social Development of Children in Elementary and Junior High-School: An Assessment Based on Questionnaires and Episode Recordings by Teachers
著者
若松 美沙
若松 昭彦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
小中学校
社会的発達
質問紙
エピソード
Elementary School
Junior High-School
Social Development
Questionnaire
Episode Recording
抄録
本研究では,1つの中学校区小学3年生から中学3年生までの児童生徒に実施した資質・能力質問紙調査の結果を基に抽出した73名と,担任が抽出した小学1・2年生の児童33名を対象に,他者評価であるエピソード記録を学級担任に依頼し,自尊心,主体性・積極性,協働する力の3観点から児童生徒の社会的発達を検討した。その結果,質問紙調査では,2回目は1回目と比して自己評価が有意に上昇していることが示された。また,エピソード記録では,意味ある他者と共に,意義ある活動を通して,学びを深めている児童生徒の具体的な社会的発達の姿が明らかにされた。本研究により得られた知見は,児童生徒の社会的発達や資質・能力に関する発達研究の進展に寄与するものであると考えられる。
抄録(英)
In this study, we asked home room teachers to record episodes, as a form of objective recording. Teachers recorded episodes of 73 students, selected based on questionnaire results regarding student nature and ability that we conducted on students in a Junior High-School, as well as 33 first and second grade elementary students selected by the homeroom teachers. We considered the students’ social development from three perspectives: their self-esteem, their subjectivity and activeness, and their cooperation of labor. We confirmed that in the second survey, self-evaluation was significantly higher than in the first one. Additionally, episode recordings revealed specific aspects of the social development of the students, especially when they were furthering their learning through meaningful activities with meaningful individuals. The insights gained through this study contribute to the development of psychological studies of social development, nature, and abilities of young students.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
7号
開始ページ
85
終了ページ
95
出版年月日
2019-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧