このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34584
本文ファイル
別タイトル
Relationship between the views of 'Freeter' and identity status among university students
著者
深瀬 裕子
荒井 佐和子
キーワード
青年期
フリーター観
自我同一性
NDC
心理学
抄録
フリーターへの親和的態度を心理的側面から調査し,大学生の職業意識や価値観に関するメカニズムを検討するため,フリーターへの肯定的態度とアイデンティティ・ステイタスとの関連を調査した。その結果,フリーターの「目標に辿り着くための試行錯誤の時期」という側面に対して,アイデンティティ達成型は早期完了型よりも肯定的態度が強かった。過去に危機を体験した学生は,危機を経験していない学生よりも,人生における迷いや立ち止まることに対して肯定的な意味づけをしているために,フリーターの過渡期的な側面に積極的な理解を示したと考えられた。今後の課題として「フリーターになった理由」を統制して検討することが挙げられた。
掲載誌名
広島大学心理学研究
12号
開始ページ
85
終了ページ
91
出版年月日
2013-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧