このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46590
本文ファイル
別タイトル
The Operation of Moodle about the Japanese-Language Education
著者
平澤 洋一
NDC
教育
抄録
日本語教育の授業にCAI教材やマルチメディア教材を導入、2010年にはMoodle教材を本格運用した。不完全ではあったが日本語の構造、日本語音声、日本語文法、日本語語彙、日本語力確認、日本語総合試験、日本語表現法、現代日本文化などの教材を揃えざるを得なくなった。Moodle導入の理由は、授業のたびに大量の教材プリントに追われたこと、受講者にかなり顕著な学力差があって個々人の理解度と進度に深刻な差異を生じて教場内の混乱を招いてきたことにある。本稿で運用形態と成果を報告する。
抄録(英)
CAI teaching materials and multi-media teaching materials have been officially used as Moodle teaching materials in Japanese language education since 2010. Although as an incomplete solution, we have no alternatives but to create a new teaching system consisting of structure, audio, grammar, vocabulary, proficiency test, comprehensive examination, expression, and modern culture of Japanese language in teaching. The reason why Moodle has been guided into Japanese language education is because large quantity of printed materials was in need during classes, besides there was a huge gap among the learning capabilities of students which leads to different levels of understanding and learning progress towards the identical teaching materials in the same classroom. This paper intends to summarize the implementation situation and results of Moodle being put into use.
掲載誌名
広島大学留学生教育
22号
開始ページ
1
終了ページ
13
出版年月日
2018-09-30
出版者
広島大学国際センター
ISSN
1342-8934
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
国際センター
他の一覧