コンテンツの登録

オープンアクセス方針の採択について

広島大学は,2018年3月27日に 「広島大学オープンアクセス方針」 を採択しました。
これは,広島大学の研究者の研究成果を,「広島大学学術情報リポジトリ」によりインターネット上で公開することを定めたものです。
研究成果の提供にご協力ください。

研究者の方

登録可能なコンテンツについて

雑誌・紀要等掲載論文,図書,会議論文,ポスター,プレゼンテーション,教材,ワーキングペーパー,ディスカッションペーパー,研究データ,博士論文,修士論文,卒業論文など

登録方法

次のとおり、コンテンツを 図書館 までお送りください。
図書館ではご提供いただいた学術研究成果の権利について調査を行い,リポジトリ登録可能であるものについて登録します。

●学術雑誌論文、会議発表論文
「広島大学オープンアクセス方針」 の対象となる研究成果です。
共著者の同意を得た上で,論文の著者最終投稿版の電子ファイルを こちら まで送付ください。
共著者の同意が得られない等の理由により,非公開とする場合は,以下のフォームよりオープンアクセス適用例外申請を行ってください。

適用例外申請フォーム



●紀要論文
学内発行の紀要は,編集委員会などの発行団体から論文ファイルが送付されますので,研究者個人の方からの論文ファイルの送付は不要です。

●博士論文
論文の電子ファイルを「博士の学位論文の提出及び公表に係る確認書(申請書)」と一緒に,所属研究科の学生支援室に提出してください。提出方法の詳細は こちら をご覧ください。

●上記以外のコンテンツ
原則として共著者がいれば共著者へリポジトリ登録について同意を得てください。
登録を希望するコンテンツの電子ファイル,または冊子に簡単な書誌事項(タイトル,掲載情報,ページ,DOIなど)を添えて,電子ファイルで こちら まで送付ください。電子ファイルの送付が困難な場合は,学内便などで冊子を送付してください。

注意事項

・研究成果の内容(文章や図表)にリポジトリで公開できないものが含まれていないかは,原則としてご自身で確認ください。卒業論文など,一般にインターネット上で公開されていないものを登録する際は特にご注意ください。

・著作権者(出版社や学会など)の意向により,ご提供いただいたファイルが登録できない場合は別ファイルの提供をお願いする場合があります。

・修士論文,卒業論文を登録する場合は「修士論文・卒業論文の学術情報リポジトリ登録許諾書」をご提出いただく必要があります。なお,指導教員の印鑑は必須です。

学内刊行物発行団体の方

紀要や報告書などの学内刊行物をリポジトリに登録することが可能です。
平成26年9月24日より学内予算による学内発行の和文学術誌についてリポジトリへの登録・英文抄録付与が必須となりました。
詳しくは以下をご覧ください。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/wrc/english_abstract

登録する場合は以下の作業を行ってください

  • リポジトリに刊行物を登録できるように刊行物の規定を整備する
  • 広島大学学術情報リポジトリへのデータ登録同意書を こちら へ送付する
  • 刊行ごとに こちら まで刊行物の電子ファイルを送付する(電子ファイルが困難な場合は冊子を送付する)

電子ジャーナルプラットフォームサービスについて

リポジトリでは学内刊行物の電子ジャーナルプラットフォーム作成を行っています。この機能を利用することで,その刊行物専用のページを作ることができます。詳細は以下のURLをご覧ください。
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/ja/page/ejournal

DOIの付与について

平成27年11月2日より順次,リポジトリ登録学内刊行物掲載論文などへDOI付与を開始しました。詳細は以下のURLをご覧ください。
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/page/doi


関連文書

  • ドキュメント(学内刊行物データ登録同意書(広島大学学術情報リポジトリへのデータ登録同意書)など)