このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42559
本文ファイル
別タイトル
Toward a Reconsideration of Shuowen Jiezi Reprints from the Qing Dynasty
著者
鈴木 俊哉 広島大学総合科学研究科 広大研究者総覧
NDC
中国語
抄録(英)
As reference material for the Shuowen Jiezi, we have reprints of the Song dynasty versions, but the versions printed in the Qing dynasty are still important in modern dictionary or font production. In particular, the Pingjinguan (平津館, PJG) and Tenghuaxie (藤花榭, THX) versions are respected. However, earlier text critiques have focused on the PJG version, which is regarded as having been “modified” from Wang Chang’s Song dynasty version. The THX version is sometimes regarded as better, in spite of the lack of any detailed study. This report applies the earlier studies of the PJG version to the THX version and finds that THX version is “different” from Wang Chang’s Song dynasty version.
内容記述
本稿は,科研費課題番号263303770Bと16K004600Aの補助を受けたものである。
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. II, 環境科学研究
11巻
開始ページ
77
終了ページ
100
出版年月日
2016-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7696
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University, All rights reserved.
部局名
総合科学研究科
他の一覧