このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41515
本文ファイル
別タイトル
Spatial Characteristics of Production and Delivery of Films in Mumbai, India
著者
和田 崇
キーワード
映画産業
集積
ボリウッド
社会的ネットワーク
逃げる生産問題
film industry
agglomeration
Bollywood
social network
runaway production problem
NDC
演劇
抄録
本研究はインド映画産業,特にその中心であるムンバイー映画産業(ボリウッド)の発展過程,生産・流通システムとその空間構造を明らかにした。ムンバイーは,パールシー資本とパールシー演劇の存在,ヒンディー語映画の制作,インド全土からの人材流入,反社会的勢力からの資金流入,1990年代後半からの政府支援などにより,インド映画産業の中心地として発展してきた。ムンバイーでの映画制作は,プロデューサーや俳優の住居/事務所やスタジオが集積するムンバイー市北郊を中心に行われる。しかし近年,ヒンディー語映画を中心に,撮影工程は経済的理由と創造的理由から地理的に拡散する傾向にあり,録音・編集工程の一部も技術的理由から国内他都市でも担われるようになっている。ヒンディー語映画の配給は1990年代以降,12区域に地理的に区分されるインド国内市場に加えて,国外市場と衛星テレビ市場が急成長してきた。
抄録(英)
This research clarified the spatial characteristics of the development, production, and delivery of films in Mumbai, India, popularly known as “Bollywood”. Bollywood originated from and was influenced by Parsee merchants and the Parsee theater, the production of Hindi cinema in the 1930s, the influx of performers and technicians from around India in the late 1940s, the inflow of funds from organized crime in the 1940s, and support from the government since the late 1990s. Most Bollywood films are produced in Mumbai’s northern suburbs, where most producers and actors live and most studios are located. Bollywood films are now often shot outside Mumbai, including in foreign cities, for economic and artistic reasons. Sound recording and film editing tend to be done in other cities, for example, Hyderabad, Bangalore, and Delhi, for technical reasons. Bollywood films are distributed throughout the 12 major areas of India, while overseas markets and satellite TV broadcasting have been rapidly growing since the 1990s.
内容記述
本研究の骨子は,2012年度HINDAS第2回研究集会(2012年8月10日,於. 広島大学)および日本地理学会2013年度秋季学術大会(2013年9月28日,於. 福島大学)において発表した。
また本研究の実施にあたり,科学研究費(基盤研究(B))「インド成長産業のダイナミズムと空間構造」(課題番号 23320185,研究代表者 友澤和夫)を使用した。
掲載誌名
広島大学現代インド研究 : 空間と社会
4号
開始ページ
41
終了ページ
54
出版年月日
2014-03-25
出版者
広島大学現代インド研究センター
ISSN
2185-8721
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学現代インド研究センター
部局名
現代インド研究センター
他の一覧