このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41298
本文ファイル
別タイトル
加水分解液中のリグニンの沪過
著者
Hosaka, Hideaki
NDC
林業
抄録
恒圧沪過の基礎試験の結果,比抵抗はgraceの加圧沪過限界以上の10^11オーダの比抵抗を圧力2~8ka/cm2で示した。したがって,リグニン炉過はフィルタプレスが至当であると結論した。

リグニンの粒子は,沈降速度の測定から算出したところ,硫酸濃度により複雑なる変化が認められた。ところが洗浄時のリパルプによる沪過の比抵抗は,第一リパルプでは初回沪過より低く,第三リパルプでは初回沪過より高い結果を得,この際の硫酸濃度をリグニン粒子の場合と比較すると,ほぼ同一の傾向がみられた。

テストプラントの試験結果では,比抵抗は硫酸混合比が支配的であり,混合比が少なくなれば,その比抵抗は増大する。また,粘度の目安として,(H2SO4%)×(還元糖%)×(平均重合度)との関係を求めたが,(H2SO4%)×(還元糖%)×(平均重合度)が10~300では粘度の変化はないが,300以上で急激に粘度が増大する。これは実用的には利用できる目安とならう。
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
17巻
1号
開始ページ
17
終了ページ
25
出版年月日
1978-08-10
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧