このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31868
本文ファイル
著者
NDC
金属工学・鉱山工学
目次
目次 / p1
第1章 緒論 / p1
 1.1 はじめに / p1
 1.2 従来の研究の展望 / p3
 1.3 本研究の目的と本論文の構成 / p8
第2章 平面応力下における成形限界 / p10
 2.1 緒言 / p10
 2.2 供試材および試験方法 / p10
 2.3 実験結果 / p15
 2.4 成形限界の理論的検討 / p20
 2.5 結言 / p33
第3章 引張曲げ破断限界 / p35
 3.1 緒言 / p35
 3.2 供試材および実験方法 / p35
 3-3 解析方法 / p36
 3.4 引張曲げ破断限界 / p42
 3.5 結言 / p49
第4章 引張曲げ・曲げ戻しにおける変形挙動 / p51
 4.1 緒言 / p51
 4.2 実験方法 / p53
 4.3 バウシンガ硬化を考慮した剛塑性有限要素法 / p54
 4.4 ダイス肩部における引込み抵抗 / p57
 4.5 引張曲げ・曲げ戻しにおける積層板の板厚変化 / p64
 4.6 結言 / p70
第5章 深絞り成形限界 / p71
 5.1 緒言 / p71
 5.2 ブランクおよび実験方法 / p71
 5.3 深絞り実験結果 / p74
 5.4 FEM解析 / p74
 5.5 考察 / p76
 5.5 結言 / p81
第6章 結論 / p82
参考文献 / p86
謝辞 / p88
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
1. Fusahito Yoshida, Ryutaro Hino and Tatsuo Okada: Stretch Bending and the Subsequent Straightening of Sheet Metal Laminates, Proceedings of Asia-Pacific Symposium on Advances in Engineering Plasticity and Its Applications, (1993), 1097-1104.
2. Fusahito Yoshida, Tatsuo Okada and Ryutaro Hino: Rigid-Plastic FEM with Consideration of the Bauscinger Effect and Its Application to Deformation Analysis of Steel/Polymer/Steel Laminate, Proceedings of Experimental and Theoretical Mechanics '93, (1993), 82-87.
3. 日野隆太郎, 吉田総仁: ステンレス/アルミニウム積層板の成形限界, 日本機械学会論文集A編, 60-580, (1994), 2808-2815.
4. Fusahito YOSHIDA, Ryutaro HINO and Tatsuo OKADA: Deformation and Fracture of Stainless-Steel/Aluminum Sheet Metal Laminates in Stretch Bending/Unbending, Proceedings of the 5th International Symposium on Plasticity and Its Current Applications, (1995)
869-872.
5. 日野隆太郎, 吉田総仁: 金属積層板の引張曲げにおける破断荷重, 日本機械学会論文集A編, 61-592, (1995), 2560-2565.
6. 日野隆太郎, 吉田総仁, 岡田達夫: 金属積層板の引張曲げ・曲げ戻しにおける変形挙動, 日本機械学会論文集A編, 掲載決定.
関連情報URL(references)
http://dx.doi.org/10.1299/kikaia.60.2808
http://dx.doi.org/10.1299/kikaia.61.2560
http://dx.doi.org/10.1299/kikaia.62.753
学位記番号
甲第1506号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(工学)
学位名の英名
Engineering
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1996-03-26
部局名
工学研究科