このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45642
本文ファイル
別タイトル
SPHERES OF "The Local" (JIMOTO): THE AREA CONCERNED WITH LOCAL ENVIRONMENTAL PROBLEMS THROUGH THE CASE OF THE LAND RECLAMATION PROJECT OF LAKE NAKAUMI, SAN'IN REGION, WESTERN JAPAN
著者
淺野 敏久 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
中海
宍道湖
公共事業
環境運動
地域性
Lake Nakaumi
Lake Shinji
public enterprise
environmental movement
regional character
NDC
公害・環境工学
抄録
地域環境問題において「地元」や「よそ者」という言葉を耳にする。どちらが正しいと単純に判断すべきものでなく、分けることで問題を解決できるものでもない。それにもかかわらず、関係者が自らの当事者としての正当性を高め、対立者のそれを低める方便として用いられている。本稿では中海干拓問題を通じ、「地元」が空間的な意味でどう使われているのか、事業推進派と反対派の立場から捉えた。行政は、当事者地域を、県や市町村を単位として、事業の影響を受けるかどうかでなく、事業の対象地があるかどうかで定める。一方、反対運動にも当事者としての「地元」意識がある。ただし、その範囲を設定せず、曖昧な「地元」概念を臨機応変に使い分ける。県や流域を代表する運動であると主張する一方で、問題を追求する際には湖と関わる生活圏を想定する。「地元」概念は、開発がらみの環境問題において事業推進派・反対派の双方にとって戦略的な資源のひとつである。想定する当事者範囲の違いが環境問題についての相互理解や合意形成を妨げるとも考えられる。計画論としての当事者の空間的線引きについて、その是非を問うことはもちろん、それを用いるのであればその方法やあり方について議論することが必要である。
抄録(英)
In Japanese, we sometimes use the words "jimoto" and "yosomono" in relation to regional development problems. "Jimoto" means local residents or the area where they live. The term is frequently used as grounds for justifying a party's concern with regional development problems. In contrast, the term "yosomono" refers to an outsider participating in a local environmental movement, sometimes with a stigmatizing connotation.
This paper considers the strategic use of the term "local resident" (jimoto) by both government and protestors through a case study of a land reclamation project in Lake Nakaumi and the environmental movement opposing it. National and local governments define "local residents" as those living within the administrative district where a project is situated, not as all those affected by the project.
The environmental movement uses the term "local resident" more diffusely, according to strategy. For example, opponents of the Nakaumi Lake project asserted that they represented the residents of Tottori or Shimane Prefectures (areas much larger than an administrative district) when they demanded the application of prefectural ordinances or submitted petitions to the national government. But when they regarded the immediate pollution effects of the project, they used the term "local resident" to refer to those living in the immediate area of the project (an area smaller than an administrative district).
Accordingly, I conclude that the concept of "local resident" (jimoto) is defined and used as a strategic resource for both supporters and opponents in order to justify their position. The variability of definition of jimoto may be an obstacle to achieving regional consensus and should be considered by planners when defining the area of a regional development project.
掲載誌名
環境社会学研究
5号
開始ページ
166
終了ページ
182
出版年月日
1999-11-01
出版者
環境社会学会
有斐閣
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1999 環境社会学会
部局名
総合科学研究科